株式会社BPOC
  • slidebg1

企業理念

Corporate Philosophy

BPO事業、オフショア事業を通して、人の移動や仕事の移動など各商圏の世界企業を活性化させることを目指しております。

市場背景

BPOサービスの市場規模は、2014年度~2020年度において年平均成長率(CAGR)2.2%で堅調に推移し、2020年度には4兆1,136億円に達すると予測されています。(矢野経済研究所調べ)
メリットとしましては
①大幅なコスト削減
オフショア開発先の国によって差はありますが、日本のエンジニアと比べて大幅な人件費の削減になり、またエンジニアのスキルは日本と変わらないところが大きなメリットになります。
②国内の人材不足解消
各社がIT技術のビジネスへの導入を進め、IT人材への需要が高まる一方、IT人材が国内で不足しているというジレンマがあります。その中で、安く豊富なIT人材が多い東南アジア諸国を活用したBPO事業に大きなメリットがあります。前述したように、日本と大差ない技術力は日本企業の満足も保証してくれます。
③中長期的に、御社専用のチームを
事業委託の手法の中で「ラボ型委託」と言われるものがあります。ラボ型委託とは、海外現地で御社専用のチームを構成することです。御社の希望する人材を御社のチームとしてアサインし続けることが可能です。毎回スポットで違う受託会社に発注をすると、毎回自社の理解をして貰う必要があったり、発注側も受託会社の手法を理解しないといけないということがあります。そう考えると中長期的に開発案件あるいは継続運用のある企業は、信頼のできる1つの会社、1つのチームに発注し続けることがリスク回避になるのです。そのため、中長期的にラボ型委託を運用することは「コストダウン」や「リスク回避」というメリットを生み出します。

またデメリットには地理的な距離がある為、簡単に打ち合わせができないということがあります。 しかし、無料オンラインコミュニケーションサービスであるSkypeなどの普及により世界中のどこにいても何処とでも打ち合わせすることが可能となってきています。 もちろん私どもBPOCは、国内本社で拠点を構えておりますのでそのようなお客様の悩みを解決するべく日々、努力しております。

ビジョン

Vision

アジア商圏の経済が強大化する中で世界経済の架け橋になる

BPOC株式会社 代表 窪田顕

代表メッセージ

弊社ホームページにお越しいただきありがとうございます。
代表の窪田顕と申します。
私どもBPOCは2018年4月に皆様の温かいご支援の元、創業させていただきました。

クライアント様のお役に立ち、企業価値の増大・各企業間のパイプ役として社会貢献できる企業を目指し、ご満足を提供できるようスタッフ一同、尽力してまいりますので、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

会社情報

Corporate Information

Click to Call